不動産信託受益権取引の実務とコンプライアンス

Web

視聴期間
入金確認後1か月間

不動産信託受益権売買の実務を事例で分かりやすく解説

不動産信託受益権の概要から始まり、売買の実務を豊富なパターンで解説いたします。そしてマネーロンダリング対策及び反社会的勢力を排除するためにはどうすればいいか、コンプライアンスも含め法律・実務両面からわかりやすく解説いたします。
【撮影日:2020年3月27日】

セミナー内容

動画本数・時間
動画3本、合計約2時間
視聴期間
入金確認後1か月間
講 師
本鳥 有良(もとどり ありよし)

中沢 誠

プロフィール不動産法務サポートオフィス行政書士事務所代表
1992年、早稲田大学法学部卒業、三井不動産販売㈱入社。「三井のリハウス」で売買仲介営業担当後、本部にて売買契約書・重要事項説明書の審査業務に従事。
1999年ハドソン・ジャパンエルエルシー入社。外資系投資ファンドの不動産アセットマネージャーとして、自己競落物件およびバルク購入物件の売却業務に従事。2003年㈱地産の事業家更生管財人代理に就任し、霊園事業及び保有不動産売却を担当。その後不動産バルクセールの購入クロージング・デューデリジェンス担当部門の統括責任者に就任。
2010年不動産法務サポートオフィス設立。2014年一般社団法人不動産ビジネス専門家協会設立・代表理事に就任。
配布資料
オリジナルレジュメがダウンロードできます
受講料

不動産ココ会員価格:11,000円(税込)
※一般価格:13,200円

決済方法
クレジット決済 または 銀行振込(請求書払い)
 ※領収証の発行はございません。振込の控え等を保管いただきますようお願いいたします。
申込可能期間
随時受付中
主催者情報
株式会社住宅新報

このセミナーの申込はこちら

セミナープログラム

1
Ⅰ .不動産信託受益権と金融商品取引法
金融商品取引法の概要、金融商品取引業の種類、金融商品取引業者の行為規制、協会の自主規制規則、金融商品取引業とコンプライアンス、コンプライアンス活動のPDCAサイクル、顧客等に関する情報管理態勢、苦情等への対処、取引態様①当初委託者として売却(自己私募)、取引態様②当初委託者から購入、取引態様③私募の取扱い、取引態様④売買、取引態様⑤売買の媒介
2
Ⅱ .不動産信託受益権売買の実務
不動産取引と受益権取引、適合性の原則と顧客属性の把握、特定投資家制度の概要、投資家の分類、一般投資家への移行に関する告知、一般投資家への移行(アマ成り)、特定投資家への移行(プロ成り) ※法人、特定投資家への移行(プロ成り) ※個人、投資家分類毎の手続、広告等に関する規制、広告等に表示すべき事項・表示方法、広告等の審査、勧誘等に関する禁止行為、顧客への説明・書面交付、契約締結前交付書面、契約締結前交付書面の記載事項、宅地建物取引業法に基づく重要事項説明、金融商品販売法に基づく説明義務、金融商品販売法に基づく説明項目、契約締結前の説明・書面交付、契約締結時交付書面・取引残高報告書、契約締結時交付書面の記載事項、取引態様毎の法定書面・法定帳簿、法定書面等①自己私募、法定書面等②当初委託者から購入、法定書面等③売買・売主、法定書面等④売買・買主、法定書面等⑤私募の取扱い・売側、法定書面等⑥私募の取扱い・買側、法定書面等⑦媒介・売側、法定書面等⑧媒介・買側
3
Ⅲ .マネーロンダリング対策及び反社会的勢力の排除
取引時確認、取引時確認として確認すべき事項、取引時確認の流れ(対面・非対面)、取引担当者への権限委任の確認、法人の実質的支配者の確認、ファンドSPCの実質的支配者、疑わしい取引の届出、反社会的勢力の排除

推奨対応環境について

動画視聴の際は、以下の環境でのご利用を推奨いたします。

推奨対応環境イメージ

推奨対応環境イメージ

上記対応環境に含まれる場合でも、OSのバージョンやお客様のご使用環境によっては、快適にご利用頂けない場合がございます。

このセミナーの申込はこちら