土地家屋調査士の相続業務特集!

Web

視聴期間
随時募集中

土地家屋調査士の業務において相続と深く関係する項目を解説します。

意外と多い、相続に関する土地家屋調査士の業務。
遺産に不動産が含まれている場合に、避けて通れない手続きが出てくることもあります。
遺産分割にも影響する土地家屋調査士の業務のポイントを、初心者にも分かりやすくまとめましたので、ぜひお役立てください。


関連資格「相続手続カウンセラー」はこちら

セミナー内容

動画本数・時間
動画7本、合計45分
視聴期間
随時募集中
講 師
本鳥 有良(もとどり ありよし)

藤本 明生

プロフィール・1965年、兵庫県明石生まれ
・土地家屋調査士事務所 ラウンド・リサーチ代表
・世界7大陸ギター弾き語り(2020年南極にて完結)
・「夢を叶える事の大切さ」をテーマに講演活動中
配布資料
オリジナルレジュメ(52ページ)が動画ページでダウンロードできます。
受講料

不動産ココ会員価格:16,200円(税込)

決済方法
クレジット決済 または 銀行振込(請求書払い)
 ※領収証の発行はございません。振込の控え等を保管いただきますようお願いいたします。
申込可能期間
随時募集中
お申込みの流れ

【登録方法】
 下記、このセミナーの申込はこちら「申込ページへ」をクリック。
 不動産ココ「Q-Onlineログインページ」が開きます。
 会員ログインしてお申し込みください。

 ※初めての方は「新規会員登録はこちら」からご登録下さい。
 登録・年会費は無料です。

9k=

主催者情報
相続手続カウンセラー協会事務局

このセミナーの申込はこちら

セミナープログラム

1
講座内容と講師紹介(土地家屋調査士)
本講座の内容と講師を紹介
2
土地家屋調査士が係る相続業務
①土地家屋調査士の役割 ②土地家屋調査士が担当する登記 ③建物表題登記(未登記) ④建物滅失登記 ⑤土地地目変更登記  ⑥現況測量と確定測量 ⑦土地境界確定 ⑧境界標と境界確認書 ⑨境界の考え方 ⑩土地分筆登記 ⑪地積更正登記 ⑫法定外公共物と民有地の境界
3
ケーススタディ(チェックポイント)
①建物の登記・評価の有無 ②誰が?いつ?建てたのか ③地積測量図の有無 ④現地境界標の有無 ⑤境界トラブルはないか ⑥越境物(みかん・タケノコの場合) ⑦地目は田で問題ないか
4
ケーススタディ(分筆するまでの流れ)
①法務局調査(公図・登記簿・地積測量図等) ②隣接挨拶~現況測量 ③隣接所有者との境界立会 ④筆界確認書 ⑤土地分筆登記申請
5
共有物を分割する流れと二つの先行型
①共有物分割方法 ②相続先行型 ③分筆先行型
6
まとめとポイント
まとめとポイント
7
オンライン講座紹介+SCとは
各紹介

推奨対応環境について

動画視聴の際は、以下の環境でのご利用を推奨いたします。

推奨対応環境イメージ

推奨対応環境イメージ

上記対応環境に含まれる場合でも、OSのバージョンやお客様のご使用環境によっては、快適にご利用頂けない場合がございます。

このセミナーの申込はこちら