区分所有建物の物件調査

Web

視聴期間
入金確認後1か月間

分譲マンションの物件調査の際のポイントを詳しく学べます。

大都市圏を中心に中古マンション取引の比率が上がってきています。
土地や戸建とは異なる調査のポイントをおさえ、安全な取引を提供することはもちろん、区分所有建物の調査スキルを身につけることで営業の場面でも競合他社との差別化につなげることができます。



関連資格の「不動産仲介士」こちら

セミナー内容

動画本数・時間
動画7本 研修時間合計約3時間
視聴期間
入金確認後1か月間
講 師
本鳥 有良(もとどり ありよし)

株式会社こくえい不動産調査代表取締役 和田 周氏

プロフィール1992年3月 日本大学法学部新聞学科 卒
自動車関連会社、不動産賃貸会社を経て三井のリハウス各店に在籍し、不動産売買仲介業務に従事。
売上が重視される不動産営業の世界で、お客様の安心と取引の安全を常に考えるが、忙しさについついおろそかになることも。取引トラブルもいろいろ経験。

ほんとうに安全で、安心できる不動産取引をしたい。そのためのお手伝いをしたいと一念発起、
2006年7月 不動産調査のアウトソーシング受託と取引支援を主業務とする「こくえい不動産調査」を設立。
2012年1月「株式会社こくえい不動産調査」設立
配布資料
オリジナルレジュメが動画ページでダウンロードできます
受講料

不動産ココ会員価格:12,210円(税込)

決済方法
クレジット決済 または 銀行振込(請求書払い)
 ※領収証の発行はございません。振込の控え等を保管いただきますようお願いいたします。
申込可能期間
随時受付中
お申込みの流れ

【申込方法】
下記、このセミナーの申込はこちら「申込ページへ」をクリック。
 不動産ココ「Q-Onlineログインページ」が開きます。
 会員ログインしてお申し込みください。

※初めての方は「新規会員登録はこちら」からご登録下さい。
登録・年会費は無料です。
9k=

主催者情報
株式会社RIAコア・ブレインズ

このセミナーの申込はこちら

セミナープログラム

1
区分所有建物(分譲マンション)と一般的な土地・建物との違いについて
1.区分所有法(建物の区分所有等に関する法律)の考え方   2.区分所有建物に関する文言について(法第2~5条ほか)
2
区分所有建物(分譲マンション)と一般的な土地・建物との違いについて
3.区分所有建物の不動産登記はこうなっている   4.重要事項説明書(宅建業法第35条)で説明する内容について
3
区分所有建物の現地調査のポイント
1.管理人室・管理事務所の訪問
4
区分所有建物の現地調査の ポイント
2.現地で確認するポイント(共用部分)   3.現地で確認するポイント(専有部分)   4.所有者からヒアリング・確認するポイント
5
区分所有建物の法務局調査のポイント
1.マンションの「地番」と「家屋番号」を「マンション索引簿」で検索   2.「敷地権」マンション調査のポイント   3.「非敷地権」マンション調査のポイント   4.その他のポイント
6
区分所有建物の役所調査のポイント
1.都市計画調査のポイント
7
区分所有建物の役所調査のポイント
2.建築関係調査のポイント   3.その他調査のポイント

推奨対応環境について

動画視聴の際は、以下の環境でのご利用を推奨いたします。

推奨対応環境イメージ

推奨対応環境イメージ

上記対応環境に含まれる場合でも、OSのバージョンやお客様のご使用環境によっては、快適にご利用頂けない場合がございます。

このセミナーの申込はこちら