住宅ローン返済支援エージェント

「不動産コンサル・金融系」

「住宅ローン返済支援エージェント」は、住宅ローンの返済が始まってから完済するまでの間、その債務者に対し、公正な立場で的確なアドバイスや情報提供を行う住宅ローン返済支援の専門家です。

試験申込みはこちら(オンライン試験:申込みは11月14日まで)

  • オンライン試験
  • 試験年2回
  • 住宅ローン
住宅ローン返済支援エージェント

住宅ローン返済の滞納問題や定期点検に関する専門家

住宅ローンはその返済期間中に、当初は想定していなかった災害や事故、感染症の発生の影響など様々なアクシデントが起こる可能性があります。
「住宅ローン返済支援エージェント」は、その時の債務者の状況をしっかりとヒアリングした上で、債務整理の知識・宅地建物取引の知識・不動産保有時の税金の知識などをもって、様々な解決方法の中からその時々に応じた最善の解決方法のご提案をする専門家です。

試験概要

試験日 11月20日~11月26日まで(期間内であればいつでも受験可能)
(5月と11月に実施)
申込期間 9月16日~11月14日
合格発表 12月1日
受験料 16,500円(テキスト代含む)
受験資格 なし
試験方法 オンライン試験
問題数 50問
合格基準 35問
試験内容・形式 四肢択一方式、50問
・住宅ローンの知識・住宅ローン以外の債務の債務整理の知識・宅地建物取引の知識・不動産保有時の税金の知識・社会奉仕、倫理、コンプライアンス
主催団体 一般社団法人 住宅ローンに困ったときのあなたの街の相談窓口
備考 ●初回登録料 22,000円(資格認定証、各種ツールの配布、資格取得者として専用サイトへの登録)
●更新料16,500円(3年更新)

この資格の受験申込はこちら

主な業務

  • 1

    住宅ローンの定期点検

    住宅ローンは多種多様で様々な商品があります。また住宅ローンに付随する団体信用生命保険も同様に様々な商品が開発されて来ております。それに対し住宅ローンの債務者は借入れ当初から最後の完済まで、当初のままの条件で返済を続ける方がほとんどです。そこを住宅ローン返済支援エージェントが債務者に対し提案して行きます。

  • 2

    住宅ローン返済困窮者への支援業務

    住宅ローンの返済は長期間に渡るため、その間に事故や災害、企業の倒産や、業績ダウンなどで収入に変化が生じる事は誰しもが起こり得る事だと思います。そのような緊急事態時にどう返済を続けていくのか?あるいは、返済が続けられない場合はどう解決するのか?それを債務者の希望に沿った方向性で提案していくことが重要な役割です。

活躍の場

  • 1

    不動産業界

    お客様に住宅を購入して貰った後もそのお客様との関係性が長期的に続いて行きます。また、住宅ローンを保有している債務者の相談窓口としての活躍が出来ます。
    今後ますます変化せざるを得ないライフスタイルに合わせた返済計画の見直しが増えていく昨今、「住宅ローン返済支援エージェント」資格認定証の提示で専門家として信頼獲得ができ、活躍が期待される資格です!

住宅新報からワンポイント!

  • 難易度

    ★★★★★ 3.0

  • 資格の有用性

    ★★★★ 4.0

  • 住宅ローン返済支援エージェントは、長い住宅ローン返済期間の頼れる専門家です。債務者の状況をしっかりとヒアリングした上で、様々な解決方法の中から状況に応じた最善の解決方法のご提案をしていけるため、コロナ禍の影響を受ける今後に活躍が期待されます。 住宅ローンの知識、住宅ローン以外の債務の債務整理の知識、宅地建物取引の知識、不動産保有時の税金の知識、社会奉仕、倫理、コンプライアンスなど、豊富な知識で住宅購入後のお客様と長いお付き合いが出来る資格です。

この資格の受験申込はこちら