ファイナンシャルプランナー(FP)

「不動産コンサル・金融系」

お金にまつわる幅広い知識を備え、顧客の生活設計のコンサルティングを行う「暮らしとお金の専門家」

不動産業界でもファイナンシャルプランナーの需要がますます高まっています。

2級FP技能検定試験対策講座はこちら

  • 定番
  • 人気
  • 試験年3回
ファイナンシャルプランナー(FP)

「お金の知識で顧客の夢を叶えるサポーター」

「ファイナンシャルプランナー」は、お客様の人生設計をお金の面から提案・サポートする専門家。節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金のエキスパートです。お金の知識は幅広い業種で活かせます。宅建をはじめとする他の資格取得にも役立ちます。

試験概要

試験日 2級FP技能検定・3級FP技能検定
2022年1月23日(日)
※年3回実施(毎年5月、9月、1月)
申込期間 11/9(火)~11/30(火)

※5月試験:3月中旬~4月上旬
※9月試験:7月上旬~7月下旬
※1月試験:11月上旬~11月下旬
合格発表 2022年3月4日(金)

※5月試験:6月下旬
※9月試験:10月下旬
※1月試験:3月上旬
受験料 (3級)学科試験:3,000円(非課税)、実技試験:3,000円(非課税)
(2級)学科試験:4,200円(非課税)、実技試験:4,500円(非課税)
受験資格 (3級)なし
(2級)次のいずれか一つに該当すること:日本FP協会認定のAFP認定研修を修了した者、3級FP技能検定合格者、FP業務に関し2年以上の実務経験を要する者
試験方法 (3級)
学科試験:筆記(マークシート形式)○・×三答択一 60問/120分、
実技試験:筆記60分【日本FP協会実施】三答択一式 20問【金融財政事情研究会実施】事例形式 5題
(2級)
学科試験:筆記(マークシート形式)四答択一 60問/120分、
実技試験:筆記90分【日本FP協会実施】40問【金融財政事情研究会実施】事例形式 5題
試験内容・形式 (3級)学科試験:ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業継承
実技試験:次の3つから1つを出願時に選択【日本FP協会実施】●資産設計提案業務【金融財政事情研究会実施】●個人資産相談業務●生保顧客資産相談業務
(2級)学科試験:ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業継承
実技試験:次の5つから1つを出願時に選択【日本FP協会実施】●資産設計提案業務【金融財政事情研究会実施】●個人資産相談業務●中小事業主資産相談業務●生保顧客資産相談業務●損保顧客資産相談業務
主催団体 NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会、一般社団法人金融財政事情研究会
備考 FP試験はそれぞれ、「NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会」と「一般社団法人 金融経済事情研究会」により実施されます。

試験データ

年度 2021年1月実施2級FP技能検定(日本FP協会)
受験者数 学科試験:26,437人 実技試験:22,474人(日本FP協会)
合格者数 学科試験:11,638人 実技試験:15,958人(日本FP協会)
合格率 学科試験:44.02% 実技試験:71.01%(日本FP協会)

この資格の受験申込はこちら

講座情報

  • 2022年1月試験向け 2級FP技能検定対策WEB講座

    試験対策講座

    2022年1月試験向け 2級FP技能検定対策WEB講座

    受講料:16,500円

    ~最適プランで学ぶ試験戦略~
    WEB講座と2回の模擬試験で直前対策
    インプットの「論点講義15時間」+プロの技を学ぶ「過去問の解き方講座10時間」
    さらに直前対策ワンポイント講義4.5時間
    過去問題集、ポイントチェック集、○×問題集付き
    後悔しないための2種類の模擬試験は別売りで

    主催:株式会社バリューアンドクオリティ 協力:株式会社住宅新報

    講座情報の詳細はこちら

主な業務

  • 1

    ライフプランのアドバイザー

    顧客の資産・収入・負債・保険商品・不動産・税金等の幅広い観点から、お金の運用方法、最適な金融商品を検討し、顧客へライフプランを提案します。

活躍の場

  • 1

    不動産業界、保険業界、金融機関など(企業系FP)

    顧客に対して自社で取り扱う物件や商品を提案する際に、FPのライフプランニングの知識を活かして、住宅ローンや税金など総合的な相談・アドバイスを行なうことができます。
    特に金融業界では、FPの知識がそのまま仕事に直結しています。

  • 2

    一般企業(企業内FP)

    所属する企業の従業員に対する業務(経理・総務など)の中でFPの知識を活用できます。

  • 3

    独立系FP

    お金やライフプランニングに関する相談に応じて、相談料やコンサルティング料を得ることができます。研修やセミナーの講師、執筆活動などで活躍するFPもいます。

  • 4

    自分の生活に

    年金、税金、資産運用、不動産、相続、保険など、日々の生活から自身や家族の将来にわたり、お金の知識が役立ちます。

住宅新報からワンポイント!

  • 難易度

    ★★★★ 4.0

  • 資格の有用性

    ★★★★★ 5.0

  • FPには、年金や保険、資産運用、税制、住宅ローン、相続など、幅広い専門知識が求められます。
    「暮らしとお金の専門家」として、お客様のライフプランに深く関わるFPは、少子高齢化が進みお金の悩みを抱える方が増加するであろう今後も、活躍の場が広がるでしょう。ただし、FP資格をビジネスに活かしたいのであれば、資格取得に満足せず、最新知識をアップデートし自己研鑽を怠らないことが重要です。

この資格の受験申込はこちら