ペット共生型住環境アドバイザー

「不動産コンサル・金融系」

ペットの生態や習性を学び、「ペットと共に生きる」住環境・生活環境づくりを知るための資格です。

【認定の流れ】
 1.動画講座を受講する
 2.レポートを提出

ペット共生型住環境アドバイザー認定講座(動画講座)はこちら

  • 動画講座あり
  • レポート提出
ペット共生型住環境アドバイザー

「ペットと暮らす住環境の専門家」

災害時に備えるペットの防災についてもカリキュラムに盛り込み、住環境づくりを通じ、人と動物の高齢化に対する合理的配慮を促す必要性を学ぶことを目的としています。

試験概要

試験日 随時(動画講座の受講+レポート提出)
申込期間 随時
合格発表 レポートを評価し、一定水準以上の成績を収めたものが資格認定されます
受験料 33,000円(税込)
受験資格 なし
試験方法 動画講座(3時間)+レポート提出
試験時間 レポートを評価し、一定水準以上の成績を収めたものが資格認定されます
試験内容・形式 ペットの生態や習性、ペットのための住環境、ペット防災の基礎的な知識
主催団体 一般社団法人日本環境保健機構
備考 動画講座(約3時間)を視聴し、レポート提出を行います。そのレポートを一般社団法人 日本環境保健機構が評価し、一定水準以上の成績を収めた方が資格認定されます。

この資格の受験申込はこちら

講座情報

  • 試験対策動画

    ペット共生型住環境アドバイザー講座

    受講料:33,000円 (税込)※教材料含む

    「ペット共生型住環境アドバイザー」は、ペットの生態や習性を学び、「ペットと共に生きる」住環境・生活環境づくりを知るための資格です。

    ※動画講座(約3時間)を視聴し、レポート提出を行います。そのレポートを一般社団法人 日本環境保健機構が評価し、一定水準以上の成績を収めた方が資格認定されます。レポートの成績により、不認定となる場合もございます。

    ※当講座は、資格予備校のLECによるペット共生型住環境アドバイザーのための講座です。教材一式(テキスト・レポート)は、入金確認後5営業日を目途に合同会社LPエデュケーションから発送いたします。

    講座情報の詳細はこちら

主な業務

  • 1

    ペットにも人にもやさしい住まいづくり

    ①ペットの生態、習性、ペット防災の基礎知識を学ぶ。
    ②ペット共生型住宅やペット共生型施設の企画の基礎知識が身につく。
    ③ペット共生型ユニバーサルデザインを推進するコミュニティに参加できる。

活躍の場

  • 1

    ペットショップや住宅メーカーなど

    ペットと飼い主が健康・安全に生活を送る為に必要な知識を身に付けることで、ペットと共に過ごす住まいの環境について適切なアドバイスをすることができます。災害時に備えるペットの防災についても学ぶことができるので、防災関連の職業に従事している方にもおすすめです。

  • 2

    ペット保護問題の解決について取り組む方

    多頭飼いや飼育環境の状態などによって、ペットの健康や安全が損なわれるケースがあります。ペットが健やかに過ごすための知識を身に付けることで、ペットの正しい飼い方をアドバイスすることができます。

  • 3

    ペットを飼っている方

    ペットとの共生について具体的な知識を学ぶことで、今ペットを飼っているご自身の住環境がペットと過ごすうえで適切かどうかを判断することができます。

住宅新報からワンポイント!

  • 難易度

    ★★★★★ 3.0

  • 資格の有用性

    ★★★★★ 3.0

  • 一人暮らしの寂しさや社会のストレスを癒す存在として、家族のようにペットと過ごす家庭が増加しています。ペットにやさしい、人にもやさしい住まいづくりを学ぶ資格です。

この資格の受験申込はこちら