宅地建物取引士

「不動産取扱系」

m2iKThzHCsXnUpmXAAAAAElFTkSuQmCC



住宅・不動産業界で必須の資格が「宅建」です。
宅地建物取引業を営む上で法律上の設置義務があり、重要事項説明や契約書の記名押印など宅建士の役割は重要です。

▼試験対策講座&模擬試験はこちら
氷見敏明の「パーフェクト宅建WEB講座」

最後の仕上げ「直前講座・模擬試験」

全6種類の「宅建総合模擬試験問題」


【試験までの流れ】
1.ネットまたは郵送にて申込み
2.試験を受験
3.12月に協会ホームページにて合格発表

【試験の内容】

試験時間 120分
問題数 50問(4肢択一)

1.宅建業法
2.権利関係(民法など)
3.法令上の制限
4.税・その他

2の権利関係は過去の判例などからも出題されます。


↓宅建とのダブル合格を狙える資格はコレ

国家資格になった賃貸管理の専門家「賃貸不動産経営管理士」

暮らしとお金の専門家「ファイナンシャルプランナー」


売買仲介の実務を学んでスキルを磨く「不動産仲介士」

投資用物件の安全な取引を推進する「投資不動産取引士」


オーナー様の土地運用を成功に導く「土地活用プランナー」


  • 難易度:やや難しい
  • 試験月:10月
  • 不動産国家資格
宅地建物取引士

カリスマ講師「氷見敏明」によるWEB講座も受付中!

取引物件や取引条件に関して「所有者は誰か?」「電気、ガス、水道の整備状況はどうなっているのか?」「手付金、敷金の条件」などの情報をわかりやすく伝え、取引の当事者全員に納得して契約を結んでもらうことをサポートするのがメインの業務となります。(これを重要事項の説明業務といいます)

試験概要

試験日 2022年10月16日(日)
※例年10月第3日曜日
申込期間 【インターネット】
2022年7月1日(金)9時30分から7月19日(火)21時59分まで
【郵送】
2022年7月1日から7月29日まで
合格発表 2022年度は11月22日(火)
※例年は12月第1水曜日
受験料 2022年度:8,200円
受験資格 なし
試験方法 全国(47都道府県)の会場
試験時間 2時間
問題数 50問
合格基準 35問前後(年によって異なります)
試験内容・形式 4肢択一・50問(試験時間120分)
「宅建業法」「権利関係(民法など)」「法令上の制限」「税・その他」
主催団体 (財)不動産適正取引推進機構
備考 【試験の一部免除】
国土交通大臣の登録を受けた者が行う登録講習を受講し、その修了試験に合格した日から3年以内に行われる試験を受けようとする者は、5問が免除されます。

試験データ

年度 2021年度
受験者数 234,714人
合格者数 41,471人
合格率 17.7%(登録講習修了者:21.3%)

この資格の受験申込はこちら

講座情報

  • 合格請負人「氷見敏明」のパーフェクト宅建士講座

    宅建WEB講座

    合格請負人「氷見敏明」のパーフェクト宅建士講座

    受講料:不動産ココ特別割引 49,000円(税込)  ※一般価格70,000円

    宅建試験のカリスマ講師「氷見敏明」のパーフェクト宅建士講座がオンライン講座に!

    【講座内容】
    ◆基本講義 全40コマ(WEB形式・1コマ約45分)
     講師作成のオリジナルレジュメ付
    ◆テキスト 2冊付き
     「パーフェクト宅建士 基本書」「パーフェクト宅建士 一問一答」

    講座情報の詳細はこちら

  • 東京宅建士講座(直前模試・直前講座)

    直前模擬試験・直前講座

    東京宅建士講座(直前模試・直前講座)

    受講料:不動産ココ特別割引20%引き

    【正確で確実な知識を身につけること】【問題をたくさん解くこと】が合格に向けての着実なステップです。
    今年出題が予想されるポイントをわかりやすく丁寧に解説する「直前講座」や、宅建試験に精通した住宅新報の講師陣による「予想模擬試験」で効率よく得点し、合格を勝ち取りましょう!

    講座情報の詳細はこちら

テキストの購入

  • 宅建総合模擬試験問題(全6種)

    宅建総合模擬試験問題(全6種)

    価格:1部:1,500円(問題・解説セット、消費税込)※基礎編・応用編各3冊セット販売有り

    1部:1,500円(問題・解説セット、消費税込)※基礎編・応用編各3冊セット販売有り

主な業務

  • 1

    契約締結前の重要事項説明

    不動産を取得しようとする人(買主)、借りようとする人(借主)などに、物件や取引条件に関するさまざまな情報「重要事項」を、契約を締結する前に説明します。これが「重要事項の説明」です。この説明事項が記載された書面を重要事項説明書といい、トラブルを防ぐため、必ず宅建士が説明することになっています。

  • 2

    重要事項説明書(35条書面)への記名・押印

    重要事項の説明の内容はきわめて広範囲にわたるため、口頭の説明のみで理解することは簡単ではありません。そこで、説明内容を記載した書面「重要事項説明書(35条書面)」を作成し、交付します。この重要書類に記名押印ができるのも、宅建士のみに許された仕事です。

  • 3

    契約書(37条書面)への記名・押印

    重要事項に関する説明や重要事項説明書の交付を行った後、契約の締結になりますが、この時、宅建士は金額・引き渡し時期等の契約内容に誤りがないか否かを確認して、契約書(37条書面)へ記名・押印をします。この書類に記名押印ができるのも、宅建士のみに許された仕事です。

  • 4

    公正な不動産取引におけるサポート役

    不動産の取引について、専門的な知識や経験が充分とはいえない一般消費者のサポート役として、不動産取引における専門知識や、関連法規の規定に基づいて公正な事務を行うスペシャリストとして活躍できます。

活躍の場

  • 1

    不動産業界(不動産会社・ハウスメーカー・工務店等)

    宅地建物取引業(不動産の取引や仲介業務)を行う事務所では、一定の人数以上(事務所=従業員5人に対して取引士1人、住宅展示場などの案内所=最低1人)の専任の宅建士を置くことが法律で義務づけられています。このため、不動産会社では宅地建物取引士資格を必須資格としているところも少なくありません。また、不動産業界への転職や独立を希望する方にも必須の資格です!

  • 2

    金融機関

    日本では融資を受ける際に不動産を担保にするケースが多く、また最近では様々な不動産金融商品も登場するなど、金融機関においても不動産取引の知識は重要になっています。また、不動産業者と取引をする場合などにも、事業計画の審査を行う場面などで知識を生かすことができます。そのため一部の企業では宅建試験の勉強のための環境を整えているところもあります。

  • 3

    一般企業

    一見不動産取引と関係がないような企業においても、少なからず企業運営と不動産が結びついています。新規店舗の出店を考えていたり、自社で管理する不動産があったりする場合に宅地建物取引士の知識を生かすことができます。
    また、一般企業で行われる売買や賃借契約は民法を基礎にしており、これは宅建試験で勉強する内容と多くが重複します。

  • 4

    日常生活

    不動産に係る金額はとても高額。取引上のトラブルを未然に防止するために、契約の内容をきちんと理解できるかどうかが重要です。この点で宅地建物取引士資格の知識をもつことは、より有利かつ安全に不動産取引を行うためにとても有効です。また、相続や税金等、日常生活を送る上で知っていると便利な知識が試験範囲にたくさん含まれているため、おすすめの資格です。

住宅新報からワンポイント!

  • 難易度

    ★★★★★ 3.0

  • 資格の有用性

    ★★★★★ 5.0

  • 宅地建物取引士は、国家資格の中でも抜群の人気を誇ります。
    この資格を取得することで、宅建業界を中心に多くの業種での活躍が見込まれます。宅建業法では、「宅地建物取引業」を行う事業所では、事務所ごとに、業務に従事する者の5人に1人の割合で、成年者である専任の取引士を置かなければならない。」規定されており、就職や転職に大いに役立てることができます。

    また、試験合格のために学習する内容は、仕事においてだけでなく、土地・建物の相続や購入・売却といった日常における重要な場面でも活用できるおすすめの資格です。

この資格の受験申込はこちら