記事

取り組む

【参加無料】 長嶋修氏登壇!第3回「中古住宅のビジネス展開」中古住宅活性化プロジェクト:不動産ココ by住宅新報 presents WEBセミナー(終了しました)

2022.3.1|資格取得

  • オンライン
  • 専門知識
  • 資格取得
記事イメージ

【本セミナーは終了しました】

ウィズコロナ・アフターコロナにおいて、住宅の流通市場に変化が起き始めています。建築費上昇による新築マンションの高騰。在宅勤務の定着による都心の狭小戸建て、新築・中古問わず郊外物件の需要増。またSDGs (持続可能な開発目標)の注目とともに、建てては壊すといったスクラップアンドビルドからの脱却も求められています。

住宅新報では、建物診断(インスペクション)の啓もうを目的に活動している、「街と暮らし環境再生機構(TERS)」、「日本ホームインスペクターズ協会(JSHI)」の2団体と共催で「中古住宅活性化プロジェクト」と題したシリーズセミナーを展開します。

コロナ下において、住まいと暮らしが転換期を迎え新たな生活様式が求められている今、中古住宅について一緒に考えてみませんか?


【開催日】
第1回: 2022年1月25日(火) 時間 13:30〜15:15(終了しました)
第2回: 2022年2月22日(火) 時間 13:30〜15:00(終了しました)
第3回: 2022年3月22日(火) 時間 13:30〜15:30(終了しました)

【基調講演】
第1回 「アフターコロナにおける中古住宅市場の変化と消費者ニーズ」
価値住宅株式会社 代表取締役 高橋正典氏
第2回 「瑕疵保険の事故から見た中古物件の実態」
株式会社日本住宅保証検査機構 専務取締役 商品・技術本部長 西山祐幸氏
第3回 「どうなる?2022年度の住宅市場」
株式会社さくら事務所 創業者 会長 長嶋修氏


Z

【このような方におススメです】
買取再販事業者様
建物検査を通じて、リフォーム・リノベーションの提案の幅を広げたい
建物の維持管理を通じて、顧客からの信頼を獲得したい


■第3回プログラム:2022年3月22日(火)(終了しました)


1部(基調講演)「(仮)どうなる?2022年度の住宅市場」 時間13:30~14:30(60分)
「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を目的として設立された、業界初の個人向け総合不動産コンサルティングサービス企業・株式会社さくら事務所。創業者・会長の長嶋様に、中古住宅の現状を踏まえた上で、2022年の住宅市場について解説いただきます。
講師: 株式会社さくら事務所 創業者 会長 長嶋 修 氏
(講師プロフィール)
不動産コンサルタント。株式会社さくら事務所創業者・会長。国土交通省・経済産業省等委員歴任。2008年4月、ホームインスペクション(住宅診断)の普及・公認資格制度をめざし、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会を設立、初代理事長に就任。TV等メディア出演、講演、出版・執筆活動等でも活躍中。主な著書に、『空き家が蝕む日本』(ポプラ社)、『不動産格差』(日本経済新聞社)、『5年後に笑う不動産』(ビジネス社)等。

2部 「インスペクターから見た買取再販物件」 時間14:30〜15:00 (30分)
建物状況調査(インスペクション)は、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うことができます。不動産仲介業者が物件の状況を消費者に明らかにするために利用するケースも増えています。
既存住宅状況調査など制度的違いについて解説します。
講師: NPO法人日本ホームインスペクターズ協会 理事 栃木 渡 氏
(講師プロフィール)
1957年札幌生まれ。株式会社北工房 代表取締役。 札幌市内設計事務所勤務の後、28歳で一級建築士事務所「北工房」設立。林野庁・日産自動車ディーラー・個人住宅などの設計を行う傍ら、一般社団法人リノベーション住宅推進協議会前理事、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会理事等住宅関連公職多数。2015年よりホームインスペクション・個人向け不動産コンサルタントを業務とする「さくら事務所」に参画。現在、日本におけるホームインスペクション普及に注力している。

3部 「赤外線建物診断業務の進め方」 時間15:00〜15:30(30分)
中古住宅流通時代におけるインスペクションの必要性と不動産会社の役割をはじめ、赤外線サーモの活用、赤外線建物診断e-ラーニング講座」の必要性について解説します。
講師: 一般社団法人 街と暮らし環境再生機構 常務理事 研修・業務支援統括長 中嶋 俊一 氏
(講師プロフィール)
赤外線建物診断の健全なる普及と技術者の育成を目的として2010年10月に設立した「一般社団法人街と暮らし環境再生機構」の創業時から「赤外線建物診断技能師」の養成、技術支援の総責任者として携わる。研修、資格試験を経て会員となられたかたの診断におけるポイントや画像解析のアドバイスを行い、実務における重要な業務支援を行っている。



「ホームインスペクター」試験申込みと対策講座はこちらから

「赤外線建物診断アドバイザー」e-ラーニング講座の申込はこちらから