記事

準備をする

住まいは新生活様式のインキュベーター ~その2~

2021.4.26|業界の知識を深める

  • 新たな日常
記事イメージ

ポストコロナの住まい方

感染症にはエンデミック、エピデミック、パンデミックという三つの段階があります。エンデミックは予測可能ですが、エピデミックは予測困難で、エピデミックの規模が大きくなった状況をアウトブレイクと呼び、エピデミックが世界的に複数の地域で発生することをパンデミックと呼びます。今回のCOVID-19はまさしくパンデミックですが、幸いにして突然変異によるウィルスの凶暴化は起きませんでした。しかし、この経験は経済的にも文化的にも大きな影響があり、現在もCOVID-19は進行中ですが収束後には大きなライフスタイルの変更を迫られると考えられます。こうした時代に、住宅のスタイルも今までの「食う寝るところ」から「生きるための場所」への意識改革が求められます。ポストコロナの住まい方を事例を中心にご紹介します。(建築家・中村義平二)

その1へ戻る


オープンプランニング

間取りには目的の部屋を限定して、機能を集中するクローズドプランと空間を融通無碍な一体的空間として捉えるオープンプランがあります。クローズドプランを批判する例として、オープンプランはフランクロイド・ライトのプレイリースタイルや日本建築の空間で、クローズドプランは刑務所やラブホテルが挙げられます。

かなり悪意のある比較とは思いますが、あながち間違いとは言えません。というのも、かつては部屋を細かく仕切り、n+LDKという表現で見かけ上の部屋数の多さを以ってグレード感を稼いでいた時代があったからです。

最近のマンションなどでも、細かく部屋を仕切ったり、あまり使うことのない和室をやめて大きなリビングにすることから始まって、アイランドキッチンの普及もあって、LDKはほぼワンルーム化しています。この考え方を拡張することも可能で、住まい全体をワンルーム化するケースも増えています。「年頃の子供などのいる家庭では無理」という意見もありますが、衝立やストレージウォールと呼ばれる家具で間地切って、一定のプライバシーを確保することは可能です。

断面的にも平面的にもオープンプランニングにした例(図3)です。玄関の正面にはサニタリー機能のあるクローゼットが設置され、手洗いや消毒機能もこのスペースにビルトインされます。キッチンの脇には大型収納庫が用意され、保存食品や感染症対策用品、防災用品などが収納されます。二階はブリッジを渡って居住スペースにアクセスします。ブリッジ部分は吹き抜けになっており、三次元的な空気の還流と換気、浄化が可能です。計量換気システムを導入すれば、家のどこにいても快適な空気環境が得られます。

このスキップフロアプランでは構造にもよりますが、垂直導線の構成上、屋上の利用が比較的容易です。屋上は庭の再生と考えると都市の狭隘敷地では、有効な敷地活用です。植栽や家庭菜園、屋上キャンプ、アスレチックスペース、ペットの運動場など、感染症が再度蔓延した時には実利とストレス解消の場として大いに役立つはずです。