記事

準備をする

変化した住まいのニーズ、次世代に引き継ぐ質の高い住宅 ~その3~

2021.6.16|業界の知識を深める

  • ニューノーマル
  • 脱炭素化
記事イメージ

浮上する2つのキーワード

新型コロナで、住宅に求められるものが変わった。そのキーワードとなるのが、「ニューノーマル対応」と「脱炭素化」だ。在宅勤務が一般化し、通勤の重要性が低下する一方、家で過ごす時間が長くなり、多様な住まい方に人々の関心の重点が移りつつある。一方、自宅での時間が長くなると、光熱費負担の増加を意識するようになった。住宅の一次取得者層は、気候変動への関心も高い世代ということもあり、住まいの省エネ性能への関心も高まっている。住まいに求められる新しい生活様式はどのようなものとなるのだろうか。これら2つのキーワードから紐解いていく。

その2へ戻る


国交省 石坂聡住宅局住宅生産課長に聞く

持続社会支える「住宅の質」を

税制、グリーン住宅ポイントで後押し

新型コロナ等の影響で、一時は落ち込みを見せた住宅産業。他方、テレワークの進展などによる新たな需要の萌芽やリフォーム需要の回復の兆しも見られている。住宅政策の現場では、税制措置やグリーン住宅ポイント制度により、高い省エネ性能を有する住宅の普及と消費者の住宅取得を後押しする。「住宅の質」の向上と持続可能な社会の実現に向けた取り組みについて、国土交通省住宅局住宅生産課長の石坂聡氏に聞いた。